レーザートーニング

クリニックでの施術となります。<<医療行為>>
お客様に治療内容、費用等に関する事項を説明することを目的としています。

シミレーザーC6レーザートーニングとは?

レーザートーニングは、メドライド C6(Qスイッチ Nd:YAGレーザー)という医療用のレーザー機器を使用した新しい治療法です。
人体にやさしい非常に弱いパワーでレーザーを当てて、肌に余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを少しづつ減らしていきます。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。
これまで肝斑にレーザーは厳禁とされていましたが、この治療法なら肝斑を悪化させることなくシミの原因であるメラニンを分解、またダウンタイムやかさぶたなどのストレスを感じずに治療を受けることができます。

 

肝斑に画期的効果をもたらす新レーザー

肝斑はとてもデリケートで、刺激(炎症)を与えることでメラノサイトが活性化し、症状が悪化することがあります。 これまでのシミ治療に用いられるレーザーの多くは、照射するレーザー光が「ガウシアン型」と呼ばれる山の形状をしています。山形なのでレーザーの中心部ほどエネルギーが高くなり、端に向かって徐々にエネルギーが弱くなるという”ムラ”が発生していました。 それに対しメドライト C6では「トップハット型」と呼ばれるフラットな形状のレーザー光を照射します。肝斑に均一にエネルギーを届け、”ムラ”による刺激を与えない治療が可能です。 さらにこの機器は、提出力で最適なパワーのレーザーを照射するように計算されており、しかも広範囲でレーザーを当たることが可能です。 この「均一照射」「提出力」「広範囲」という3つの特性を持って、肌の中に滞留しているメラニンに対しておだやかに働きかけるために、安全かつ確実に肝斑を除去します。 色ムラのない均一な肌トーンが美肌の決め手。美しさが飛躍的にアップします。 レーザートーニングは肝斑だけではなく、シミやくすみなどの色ムラも改善し、明るく透き通るような肌に導きます。合いた毛穴にも効果を発揮し、ピンとハリのある、キメ細やかな肌へと整えます。

シミ治療の一覧

それぞれの治療は特徴があります。効果と反応を見比べてご自身のライフスタイルに合ったケアを行いましょう。